実家が南房総の千倉にある関係で、夏になるとしばしば南房総を訪れる。

 

夏の日差しは強く、そのせいか海は青い。太平洋につづく荒い海だ。

その海をぼんやり眺めていると波間にポカリポカリとうく白いものがある。
 

海女さんがアワビを入れるタルだ。もっと見ているとタルの近くに足が逆さに浮いては、海の中に沈んでいくのがわかる。

 

4,5人の海女さんが、一団になって、あちこちの波間にゆれている。
タルにつかまり一息ついた海女さんのふく磯笛が、波間に響く。
 

僕はアワビを背負って海から上がる海女さんにお願いして、シャッターを切った。